日系人の歴史で重要な役割を果たしている、「全米日系人博物館 Japanese American National Museum」は、日系アメリカ人の体験を伝えるアメリカで初めての博物館だ。日系人の歴史と体験を、アメリカ史の大事な一部として人々に伝えていくことによって、アメリカの人種と文化の多様性に対する理解と感謝の気持ちを高めることを活動の目的として、1992年に開館された。日系人に関する遺物、写真、フィルム、文書の広範囲にわたるコレクションを集め、さまざまな展示や教育プログラム、ビデオ、出版物の作製を通して、日系人の物語を、全米、全世界に伝えている。
 初めてアメリカにわたった日本人の第一世代のことを一世、その子供たちの世代を二世、三世、四世と呼んでいる。一世や二世の世代には、日本語が第一言語として用いられたが、世代が進むごとに徐々に英語が第一言語と変わり、現在、日本語を話せない日系人が増えている。三世や四世の世代で日本語を話すことが出来る人々は、外国語として日本語を学んでいるのが現状だ。
 08年6月には日本人移住100周年の記念式典出席のためブラジルを公式訪問された皇太子さま(現天皇陛下)が、帰路、ロサンゼルスに立ち寄り小東京の全米日系人博物館を見学されている。

Nikkei Museum Map


リトル東京マップ ① ダブルツリーホテル ②ウエラーコート ③高野山米国別院 ④日米会館 ⑤日米劇場 ⑥日系博物館  ⑦リトル東京駅 ⑧ホンダプラザ ⑨442部隊記念碑 ⑩都ホテル ⑪LAPD 



日系人の歴史に関わる数多くの展示がされている。





1988年8月10日、ロナルド・レーガン大統領が下院法案442号に署名。政府が公式に謝罪した。



日系人博物館内



日系人博物館内



日系人博物館内



西海岸地域に住む日系人全員が収容所に送られた。リトル東京旧日系人博物館前からも強制収容



1908年6月皇太子さま(現天皇陛下)が、全米日系人博物館を見学された。



17年安倍首相と昭恵夫人が全米日系人博物館を見学された。



リトル東京マップ ①ダブルツリーホテル ②ウエラーコート ③ジャパニーズプラザ ④日米会館 ⑤高野山ホール ⑥日米劇場 ⑦日系博物館 ⑧リトル東京駅 ⑨ホンダプラザ ⑩442部隊記念碑 ⑪都ホテル ⑫LAPD 

① Nem

Nem
② Nem
Nem
③ Nem

Nem
Nem

Nem
Nem

Nem


Back To Top