船に乗って、太平洋に繰り出して——ロングビーチからたった1時間半のところにある、コバルトブルーの海に囲まれたサンタ・カタリナ島へ出かけてみよう。
 1880年代頃からハリウッドのセレブたちがバケーションで訪れはじめ一躍名が知られ、1889年にはアメリカで一番古いフィッシイング・クラブである「ザ・アバロン・ツナ・クラブ」が創設され、ジョン・ウェインやウィンストン・チャーチルも利用したという。
 1547年、フアン・ロドリゲス・カブリロが発見。海賊の根拠地となった。  1919年にはウィリアム・リングリー(世界最大のチューインガム会社創設者)がリゾート地として開発するため島の大半を購入、彼がオーナーだった大リーグのシカゴ・カブスは毎春のキャンプをカタリナで行っていた。今も選手たちの宿泊施設が残っている。あのマリリン・モンローが新婚旅行で訪れた場所としても知られている。
 カタリナ島で船の発着が多いのは、アバロン港。ロングビーチからカタリナエクスプレスで1時間の船旅は往復大人66.50ドル、子供(2〜11歳)51ドル。サンペドロやダナポイントからも運行している。1日約30往復。  また、アバロンから3/4マイル離れたペブリービーチまでヘリコプターで行くことも。ロングビーチから15分。往復$164。
 ロサンゼルスからこの街に着いてまず気づくのは、そのリゾート然としたやわらかな空気だ。ロングビーチからたった20マイル沖合に浮かぶ別世界のリゾート島。美しい景色を見つつ心の洗濯をするには最高の島。島内に車は持ち込めないが、レンタルのゴルフカートや自転車で島内を回れる(Catalina Auto & Bike Rentals ☎310-510-0111)。ゴルフカートは25歳以上、運転免許提示がレンタルの条件。なお、ハイキングやキャンプの際には、前もって保存協会から許可証を受理すること☎(310)510-2595。
 こんなのんびりしたところで、ただレイジーにビーチで日光浴したり、泳いだりするだけでも十分気持ちよいが、きれいな海と山がちな地形をフルに利用して、色々なアクティビティも楽しんでみたい。島の周辺の海は抜群の透明度。この美しい海を実感するにはボートツアーの参加するのが一番。グラス・ボトム・ボートでの水中ウォッチング、フィッシング、パラセイリング、ダイビング、ゴルフ、乗馬、ハイキングなど、誰でも気軽に挑戦できそうだ。ゴルフは、アバロンの街のすぐ裏手に9、18ホールのカントリークラブがある。18ホールのグリーン・フィー、クラブ、カートのレンタル付きで85ドル。
 海陸ともに充実したツアーが用意されている。45分で島を一周するアンダーシーツアー(大人$37.75、子供28.25ドル)。他に、4時間半のサンダウン・イスマス・クルーズ($79.50)、バッファローが見れるクラシック・インランド・モーター・ツアー(4時間、$79.50)もある。詳細はサンタ・カタリナ・アイランド・カンパニー(www.visitcatalinaisland.com)まで。
 カタリナ島で宿泊する場合、ホテルは島内に10軒ほどしかなく、時期により混雑状況が違うのでインターネットか電話で早めに申し込む方が良い。 ☎(310)510-1520  www.catalinachamber.com/