ラ・ラ・ランドは、夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルスで舞台女優を目指すミア(エマ・ストーン)と、ジャズピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)の恋愛を描いた、ミュージカル映画。2017年の第73回ベネチア国際映画祭でエマ・ストーンが最優秀女優賞、第74回ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル/コメディ部門)ほか同賞の映画部門で史上最多の7部門を制した。第89回アカデミー賞では史上最多タイとなる14ノミネートを受け、チェゼル監督が史上最年少で監督賞を受賞したほか、エマ・ストーンの主演女優賞など計6部門でオスカー像を獲得した。
 物語はセバスチャンが、渋滞の高速道路で出遅れたミアに激しクラクションを鳴らす、最悪な出会いから始まる。いつしか恋に落ち、お互いの夢を応援しあう仲に…。
  ロサンゼルスは街中がロケ地だ。そんな本作に登場するLA(ラ・ラ・ランド)の魅力を劇中の60か所以上の中から、有名なロケ地をいくつか紹介していこう。
 撮影は2015年8月に始まり、ダウンタウン・トロリー、ハリウッド・ヒルズの住宅街、エンゼルズ・フライト、コロラド・ストリート橋、サウス・パサデナ、グランド・セントラル・マーケット、ハモーサ・ビーチ、シャトー・マーモント・ホテル、ワッツ・タワーなどで撮影した。40日間を撮影にかけ、同年9月中旬に撮影が終了。2016年に公開された。
 現在、映画のロケ地には国内外から大勢の観光客が訪れている。ロサンゼルス市(ガーセッティ市長)は4月15日を「ラ・ラ・ランドの日」に制定。市庁舎で盛大に記念式典が行われた。



ロケ地マップ


①日系人の歴史で重要な役割を果たしている、②「全米日系人博物館 ③Japanese American National Museum」は、④日系アメリカ人の体験を伝える⑤アメリカで初めての博物館だ。⑥日系人の歴史と体験を、⑦アメリカ史の大事な一部として⑧人々に伝えていくことによって、⑨アメリカの人種と文化の多様性に対する⑩理解と感謝の気持ちを高

映画「ラ・ラ・ランド」の主なロケ地


 グリフィス公園(Griffith Park)内にある。映画ポスターにも採用されたミアとセブのダンスシーンは、グリフィス公園内を通るマウント・ハリウッド・ドライブ(Mt. Hollywood Drive)で撮影されたもの。広大なこの公園には、ゴルフコース、テニスコート、動物園・植物園などさまざまな施設がある。
 グリフィス天文台(Griffith Observatoryはミアとセブが劇中で観たジェームス・ディーン主演の映画『理由なき反抗(Rebel Without a Cause)』に登場した天文台を訪れる。中央の大きな丸いドームがプラネタリウム「The Samuel Oschin Planetarium」。最先端技術を採用したプラネタリウムとリアルのプラネタリウムが楽しめる。外側の回廊からロサンゼルスの夜景が一望できる。



オープニングの群舞シーンは、ロサンゼルス国際空港からロサンゼルス市内に向かって走るフリーウェイ(高速道路)105線と110線のインターチェンジ付近。スタジオでリハーサルを重ね、2日間、フリーウェイのカープールレーン上下線を封鎖して撮影が行われた



 グリフィス公園(Griffith Park)内にある。映画ポスターにも採用されたミアとセブのダンスシーンは、グリフィス公園内を通るマウント・ハリウッド・ドライブ(Mt. Hollywood Drive)で撮影されたもの。広大なこの公園には、ゴルフコース、テニスコート、動物園・植物園などさまざまな施設がある。



主題歌を歌っているのは主演の2人、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンです。2人は歌とダンス、そしてピアノを猛特訓し、吹き替えなしで撮影に挑んでいるそうです。ライアン・ゴズリングは作曲家や歌手としても活躍をしているので、期待通りの歌唱力でしたが、エマ・ストーンも素敵に歌い上げています! 2人は今作で3回目の共演ということで歌もダンスも息がぴったり。



アールデコ調の美しい建造物であるこの橋は、1912年に建設され、ロサンゼルス市の東側に位置するパサデナからイーグル・ロック、グレンデールへと向かう道として機能してきました。 夕暮れ時は街灯の明かりが紫色の夜空に映えて、とてもロマンチック。数々の映画やミュージックビデオに登場してきたのが、1913年に建造されたコロラド・ストリート橋。一方、144フィート(43.89メートル)、10階立てのビルに相当する高さゆえ、別名「Suicide Bridge」と呼ばれ、自殺の名所としても有名。 今後は映画の影響で人通りも多くなり、明るいイメージに変貌できるかもしれない。

INDEX